ディスレクシア支援センターへの道

こんにちは
楽しさ集める塾
子どもも大人も学べる
エンカレッジ桃花台 塾長
橋本真弓です!

明日はまた、ディスレクシア協会名古屋の
吉田先生がきてくださいます

はじめて読む人のために
ディスレクシアの説明を少し

ディスレクシアとは
読み書きに障害のある人たちのことです

知的には問題がないにも関わらず
文字を読む・書くということが
どうしてもできない
遅いなど困り感があります

でも知的に問題がないため
怠けているとか
努力がたりないように誤解されて
いることが多い障害です

時には本人も気が付かずにいることがあります
生まれつきなので、違和感がないんですね

専門家の先生もすくなく
検査もなかなか受けられません

そんな中、名古屋には
吉田先生ともうお一人
専門の検査をしてくださる
先生がいらっしゃるのは
本当にラッキーなことです

その吉田先生と
正しいディスレクシアについての
情報を発信していきたいと
がんばっていこうと考えています

2020年から
もうすでに7人のお子さんが
検査をうけて合理的配慮の提案を
してもらっています

また相談だけのかたもいらっしゃいました

今後も検査の予定が入っています

困っている人がこんなにもたくさん
いるんだなぁと実感しています

2021年にはディスレクシアの
子どもたちへの支援を
初めて行こうと思っていますので
よろしくお願いします

日本の教育は
今年教科書がかわり
資質と能力をテーマに
変わっていこうとしています

知的にはIQも高くなんの問題もなくても
書くということが苦手なお子さんは
とても苦労する仕組みになっています

うちの息子も30歳を過ぎていますが
軽度知的障害と診断されましたが
当時は発達障害は軽度知的障害と
診断されていたこともあり

いまになってディスレクシアだったのでは?
と思うことがたくさんありました

まずはみなさん
まわりにお困りの方がいらっしゃったら
エンカレッジ桃花台では
ディスレクシア協会名古屋の
吉田先生とお繋ぎできること
ご紹介くださいね

知ることで解決できることがあります

明日またすこし詳しく
お伝え出来たらいいなぁと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。