4月 新学期に伝えたいこと

小牧市桃花台 

ITの会社がプロデュースした

未来の学習塾

エンカレッジ桃花台 

塾長 橋本真弓です

今日から4月

学習しない単元を残したまま

突然の卒業式、修了式

子供たちも、学校関係者も

学習塾も

はじめての体験のまま

新学期を迎えます。

願わくば

「はい!みんな嘘でしたぁ」

とエイプリル・フールの嘘にして

終わらせてくれたらいいのに




長い歴史の中には

こんな風に

得体の知れない疫病が

流行った時があったはず

人類はどうやって乗り越えてきたんだろう


衛生状態も良くない

薬も医療機器もない時代



それでも人類は

乗り越えて現代までやってきたはず

こんな時 歴史は私達に何かを

教えてくれますね



マツコの柿ピーのCMのコピー


当たり前を疑え!

色んな意味でインパクト大 笑


あまり報道されないけれど

重症化してない人達を

もっと調べなくていいの

そこにはきっと隠れているはずでしょ?

若いから

体力があるから

基礎疾患がないから

以外の事が!!

昔だって、流行病(はやりやまい)なのに

かからなかった人がいて

かかってたのに

悪くならなかった人がいて

この悪しき情報をDNAに組み込んで

負けないぞって


人間は強くなってきたはずじゃない?



その答えは専門家じゃないから

解明なんてできないけど

それでも

TVの中の情報に

振り回され続ける時代を

終わらせなきゃと思うのです

自分で考える

それが大事だと思うんです。



塾でも子供達に伝えたい

1番の事はそれ!



今までの教育は

みんな同じ答えを出す事を

求められてきたでしょ?

だから、子供たちはみんな

答えを見たがります。

答えが1つじゃない

記述式問題は本当に苦手です



間違えること

怖いことでも、恥ずかしいことでもない



たった一つの答えがすぐ出るような問題は

AIには絶対勝てないのです!


勝負にならないのですよ

私は学習塾経営が専門ではありません


ITスキルを次世代の人たちに

教えたくて事業承継しました。


そのカルチャーセンターに

たまたま、学習塾があって

たまたま塾長になりました。


ITの世界では、

トライ&エラーは常です

やってみて、ダメなところを見つけて

解決していく、改善していく



子供たちには、そんな学びを

身につけてもらいたいと

強く思っています

当たり前と思ってるその事が

君の間違いだと思ってる意見の中から

ひっくり返る事もあるかも知れない

だから、

考える事は大切なんです!

それを塾生みんなに伝えたい

その為に私もめっちゃ考えます!

どうしたら伝わるかをね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学習塾エンカレッジ桃花台

3日から春期講習はじまります。

進化し続ける学習塾

エンカレッジ桃花台は

今年はもっと楽しく学べるしかけを

用意して、みんなをまってますよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。