コップの水 もう半分?まだ半分?

こんにちは!
楽しさ集める塾
子どもも大人も学べる
エンカレッジ桃花台 塾長
橋本真弓です

コップに入った半分の水を見て

もう半分しかない
まだ半分もある

どっちだと思うかは
良く語られるお話ですね

テレビで最近
何度か起業した小学生の
ニュースをみました

小学6年生の女の子
学習塾を始めました

ちゃんと税務署に
開業届けを提出して
2時間1000円で授業料を
もらって運営しています

遠くから通ってくる
お子さんもいるのだとか

お父さんは車のカスタムをする
お店を経営して

お母さんはネイルの先生だとか

両親起業家で
起業教育がばっちり

実践もして
すごいですねぇ

お金の教育は以前からしていて
お金をもらうからには

きちんと責任が伴うんだよ

と教えているそうです
ここまでは出来ても
実際起業させる

なんてことは
普通の親御さんは
二の足を踏んでしまう所

じっさい
コメンテーターの一人は

違和感を感じるし
こどもなのに・・・と
やっぱり思ってしまう


というコメントでした

周りの人達の中にも
いろいろいう人はきっといて
それでも続ける意思と
見守る覚悟
がそろって初めて
成り立っているんだろうなぁ

と思います

子どものくせにお金儲けか!

と思うか

子どもなのに経営を学ぶなんてすごい

と思うか

女子大生なのに
ホステスのバイトを
してるなんてけしからん!

って思うか

ホステスさんをしながら
お金稼いで大学にいってるなんて
けなげですばらしい!

って思うか

それはやっぱり見る人しだい

だからね、何が言いたいかっていうと

だれかにどうみられるかを
どんなに気にしても仕方がないって事

大切なのは自分がどう思って
何を目的にして
その行動をおこしてるかって
その一点だと思う

自信もっていこっ!
勇気だしていこっ!



自分にうそをついてなきゃ
大丈夫!

ちゃんと見ていてくれる人がいる
だから、自分らしくいこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。