学習塾から楽集塾へ

一年の振返りの一週間
金曜日は
学習塾エンカレッジ桃花台
について

今年はもう2月末から
子ども達は休校で

後にも先にも
こんな特別な一年は
もうこないでしょう

いや、こないでほしい

6年生は中学生になかなか
なりきる事ができず

中学生としての
学習や生活に慣れ始めたのが
夏休みも直前でした

新入塾生もほぼ0で
経営的にも大打撃でした

そんな中
オンライン化を
たった二日でやり遂げて



今でもオンラインでの
授業が可能な事が
この塾の強みにもなっています

通ってこれない子も
自宅で先生の授業が受けられる

それはとても良い事です

お陰様で
よい先生に東京から
参加してもらう事もできて

嬉しいかぎりです

また、それに合わせて
子ども達にteamsを
使ってもらうなど

将来に役立つスキルを
自然に使いながら
身に着けてもらえた事

これもすごく良かったと
感じています

一方で
学習塾という仕事について
考えさせられた
一年でもありました

学習塾というのは
成績をあげる事が命題

成績を上げる
きっとそういう技術が
あるのかもしれませんが

塾の方々、先生に
聞きましたが
何度もやること
回数をこなす
量をこなすこと

などの答えばかりでした

なるほど確かに
回数をこなしてこそ
定着をする。
これはその通り

でも、お母さんたちの望む
成績をあげるという事は

すぐに上げる

という要素が大きいこともわかりました

でもね、みなさん
よく考えてください
そんな都合の良いことは
起こらないのです

努力した分だけ
少しずつ少しずつ
自分の力となって
ついてくるのが自然と
私は思います

ですから
エンカレッジができるのは
子ども達が進んで
自主的に勉強できる
環境を整える事

聞かれた質問を
出来る限りわかりやすく
わかるまで教えること

これだけのシンプルな事です

また、聞いてわかった気になるより
自ら調べたり、友達と一緒に
解きあったり

このほうがよほど身に付きます

そんな風に学ぶことは
本来楽しいはず

だから 気持ち的には
学習塾というより



楽しさ集める塾
楽集塾

そんな塾になりたいと
思います

さぁ、塾はこれからが
一番大切な季節

年明けには私学受験
学年末テスト
公立高校入試が
待っています

みんな!がんばっていこうね!


申し訳ありませんが
この塾では、すぐには成績上がりません

でも、自分で調べたり
学び合ったりしながら
自分で解決し、自分から
課題を解決しようとする
そんな姿勢をはぐくむことはできます!



明日は、わが家の発達障害・学習障害もち
たっくんの総決算です!



ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

勇者の明日

次の記事

発達障害と生きる