「裸の王様」

パソコンが光っても
キーボードが光っても
意味がないと思っていたのに

実物みたら
欲しくなって、お小遣いをためている
塾長 橋本真弓です(笑)





さて、スーパーコンピューター「富岳」が
史上初の4冠制覇 ぶっとびの1位になった
ニュースが駆け巡っています



4年前のリオオリンピックの閉会式で
マリオになった安倍首相が登場して



近未来的な演出で
ハイテク日本、未来都市東京

そんな印象を世界中に与えたはず

でしたが、

このコロナウィルスの
どたばた対応で




あれは幻、幻想だったことが

ばれちゃった!

情報教育の遅れが
もっと深刻になっている事

本当は、たくさんの人が
気が付いていたと思うんです



この情報教育って言葉は
すごーく広い意味で使っています

日本人が、あまたある情報を
きちんと、整理したり



より分けたりして
判断できる能力を失っているんじゃないか



と思えてならないって事

街頭インタビューで答えている内容
テレビのコメンテイターの言葉のまま



そんなのは昔からあったかもしれない

でも、昔むかしはニュースしか
なかったけれど

今はネットの情報が追い打ちをかける



だから 間違った情報も
いいかげんな情報も

塗り重ねられて
刷り込まれて

昔よりも根強く印象づけられる

「富岳」が世界一になりました!
史上初の4冠達成!!

日本はすごい!

違いませんか?
富岳はすごい!これは間違いない

2位じゃだめなんですか?とは言いませんよ

でも、これ一台がすごいだけでは
解決できない事ばかり

むしろ、これくらいの
技術がある日本の国民なんだから

みんながスキルアップしていこう!

そんなニュースにしてほしい
と思うのは塾長のわがまま?

立ち止まって
もう一度 我に返って
見つめ直してみると



ある時から
外国の人が日本にきて
日本は素晴らしいという番組が
増えていませんか?

日本の物を外国にもっていって
外国の人が素晴らしいという



そんな番組が増えていませんか?

私達の優越感をくすぐるような

私もはじめの頃
すごく好きでした

日本の素晴らしい技術が
外国の人に役に立っている



嬉しいなって単純に思ってた

でも、いつの間にか
他国より優れている日本を
刷り込まれているみたいで
気持ち悪くなってきました

そして、
あ、こんな物語あったな

そうだ
王様の服はとても素敵です

と言われ続けた王様が

「バカには見えない生地」で作った
洋服を着て街に出るお話



本当は裸なのに
そして本当は裸の王様なのを知っているのに

みんな見えてるふりをする大人たち

そう、みんな知っているはず
何をすればいいのか

何が足りていないのか

政府やお役所を責め立てる
学校や先生を責め立てる

その方が楽だもの


仕立て屋と同じじゃないのかな

裸の王様になっていないか
裸の王様を作っていないか

考えてみるのはどうでしょう?



そして、その王様に

「王様は ”はだか” だ!」

とい言ったのは
こどもだって事も

こどもが真っ先に
気づいてるんだってお話を明日

アンデルセンの生きた時代から

変わっていないって事なんだな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。