ゲームをやめさせる方法とは!?

こんにちは!
エンカレッジ桃花台 塾長
橋本真弓です

先日、勇者アカデミーの理事定例会が
ひらかれたときのことです

主催した任天堂Wiiの開発者
玉樹真一郎さんのセミナーを受けて
家の方針をかえて
ゲームをやらせないのではなく
家族団らんの為のゲームとして
やり始めたと理事の一人が話してくれました

やるなら何事も本気!と
ここで勝つためにはBボタンだっ!!とか
もっと早く押すんだっ!とか
もうスポ根漫画なみにやってる!
なんなら電源入れずに
コントローラーだけ持たせて
素振りさせてるからね!


という話にみんなで爆笑

それ面白いね!

するとこんな言葉も

どうしたら子どもがゲームやらないって
言い出すかわかったよ・・・

なになに?そんな事ができたらなら
お母さん達が大金はたいてでも
そのノウハウを聞きたいとおもうよ!

どんな事したらそうなるの?

とばかりに聞いてみると



どうして負けたのか、自分なりに分析し
今後勝つためにはどうしたらいいのか
考えてレポートを出しなさい

という事でした

wwwwなるほどね!

やらせたら際限なくやり続けてしまう
といお子さんは多いのではないでしょうか

学校の宿題も手につかない程に
ゲームがやりたい、ゲームが好きなのは
良く分かった。だったら中途半端はダメだ

そこまで情熱をかけてやるなら
結果をだしなさい。何時間やってもかまわない
学校の宿題をせずにやってもかまわない

その代わり、今日どんな事を何時間やって
どんな学びや収穫があったのか
戦績はどうだったのか
また、その分析をして改善点をだし
改善計画をたてて提出しなさい

目標にむかって毎日努力し
その成果を報告することと引き換えに
自由にゲームをしてもいい事にします

そして出されたレポートをみて
どうして今日はLevelが2しか上がっていないんだ
その理由はなんなんだ?

このLevelを上げる為には
どんな事をすべきか書き出しなさい
それを確実に実行して強くなったかを報告しなさい

鬼コーチみたいにね

な~~んてやりだしたら
もうゲーム辞めたいんですけどって
なりそうですねぇ

ここでのポイントは決して
やめさせようとしてこんな事をしないこと

心底ゲームで強くなって欲しいと
監督になったような気持ちで
真剣にゲームの入賞を狙う事

です

勉強でも恋愛でもゲームでも
自分たちの世界に
大人が介入してきてあれこれ
レクチャーしだしたときに
楽しい子どもはそういません

特に自立をめざす
中学生くらいの年代では
自分を試してみたい
自分の世界をつくりたい子ども達が
親離れしようと必死でもがいている時代

辞めなさいという介入より
コントロールされ、
やらされている感の状況のほうが
いやになるかもしれませんねぇ

別の話にはなりますが
Eスポーツは子供の憧れる職業として
新しい世界を確立しつつあります

賞金に関する法律がかわり
プロとして活躍し大金を稼ぐ事も夢ではありません

芸能人を目指す人や
プロ野球選手
プロサッカー選手を目指す子ども達

プロ棋士をめざす人もいるでしょう

その子たちが真摯に将来を夢見て
頑張っている時

多くの親御さんは学校の成績よりも
好きな事を極めて欲しいと
土日も子供の試合に駆けまわったり
子どもの試合をわがことのように
真剣に見ていたりと

応援する側として頑張っていらっしゃる
姿は珍しいものではありませんね

でも、ことゲームとなると
そうはいきませんが

Eベースボール、野球ゲームの世界は
巨人や中日、楽天やソフトバンクなど
球団がプロゲーマーと契約する仕組みです

ですから、プロ野球選手と同じように
契約をしていわば同僚なわけです

小学生のプロも存在しました
本当に目指すならそれも今はありだと思います

ただ他の世界同様に
その道で食べていけるようになるためには
人の何倍もの努力が必要なことに変わりはありません

長くなってしまいましたが
ただ、やみくもに辞めさせると言っても
きっとやめてくれないでしょう

それが嫌な事から逃げ
何も考えなくて良い世界に
操られるように時間をつぶすだけなら

時間の無駄です

しかし、真剣に取り組むなら
とことんやりなさい
それができないなら
趣味として趣味の範囲でやりなさい

もうこれしかないんですよね

親の覚悟なんだと思います


さて、明日は塾は休講となります
今年から土日も塾を開ける為
平日にお休みがはいります

4月は7日 14日 21日 29日
がお休みとなります

間違えないようにしてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。