プログラミング教室の精鋭たち

今日は木曜日
プログラミング教室の日

小学生を中心にした
16時半からのクラスは
もう、精鋭たちの集まりですよ

今日は、以前から取り組んでいる
障害を持つ女の子メイちゃんの
言葉となるためにアプリ制作に
みんなで取り組みました!

以前に試作品として
大好きなアンパンマンの

リンゴジュースと
ぶどうジュースを
洗濯して
自分の意思をお母さんにつたえる

というアプリについて
お母さんからフィードバックが
届いていて

一回だけうまくいったけど
画面がかわるだけじゃ

アプリを使う事と
実際にジュースがもらえる事の
関係性が薄くわかりにくい

とのことでした

たしかに!

そこで、音を加える事に!

どちらかのジュースのボタンを押すと

「ママ、りんごジュースほしい」

「メイちゃん、ぶどうジュース飲む」

など音声が鳴るようにしよう!

ということになり、
子ども達がどんな言葉を
こどもはお母さんにいいたいか?

というところから
話合って考えました

女の子なので
女子が音声担当として

録音作業をしました

男の子たちは
本体のアプリ作りや
ほかにある音声データを組み込んだ

画面もつくっていました

それにしても
このメンバー

打てばひびく子たちばかり

私はこうやって
写真を写しながら
ちゃちゃを入れて回るくらいが
仕事です(笑)

それぞれ勝手に(笑)取り組んでます。事務所みたいww

相変わらず
どんな事にもどんどん
進んでいくこのこらを見ていると

今度始める
一般社団法人勇者アカデミー
取組が楽しみになってきます

子供らのちからで
何かしら新しいムーブメントを
おこせるんじゃないか

そんな気持ちでわくわくします

その後のクラスの子ども達は
今illustratorを使って
自分だけのTシャツをデザインしています



本格的なかっちょいいのを
作ってくれそうです!

絵もうま~~い!

成果がでるのは
月末でしょうか
楽しみにしておいてくださいね!

やっほ~~い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

PIECES