今日の事件の一部始終

東京の感染者数が400人にせまる勢い
愛知でも100人レベル

それでも始まったGOTOキャンペーン



政府は感染がある程度広がっても
経済が死ぬほうが被害が大きい

と腹をくくったのでしょう

連日のワイドショーでは
どの数字をどう解釈するのか

そんな話でもちきりです

市中感染率がどのくらいで
実際の感染者数もいまだわからず

検査を広げるだけの
技術力が日本にはあるのかないのか

なんでも、擬陽性患者がでたときに
その人たちの人権はどうなるんだ

ハンセン氏病患者の
悲惨な歴史を繰り返さないためにできない

(じゃ、繰り返さないように
 十分に注意をはらって対処すればいいじゃん
 失敗の記録が残っているんだから
 改善んすればいいんじゃないの?)

話の焦点がとっちらかって
さっぱりわかりません。

そんな中

今日は、孫たちに会いに
でかけるはずでした

ところが朝から電話があって
愛知も孫の住んでいる県も
感染者の数がふえてる

移動しないほうがいいから
やめておいたほうがいいんじゃない?


今日ダメならこの先はずーーとダメじゃん
とすったもんだ

と電話がかかってきました

確かに、心配な気持ちはわかります
(もちろん、私たち親の体の心配もしてくれたのもわかりますよ)

私もそれは気にしていないわけじゃないので

家の前で車にのって
孫の家に着くまで車を降りない


家前でのって家前で降りたら
移動距離と感染の関係はなくない?


そんな準備をして出かけるつもりでした

それでも、心配といわれれば
出かけるに出かけられず

泣く泣く諦めました

でも
冷静になって
ちゃんと数字をみてみよう

逢えない悲しさ辛さを
数字にぶつけてみました

愛知県のここ2週間の累計感染者数は
386人 

愛知県の人口で割ると
10万人に5人

小牧市は今回の波で2人
こちらは単純に小牧市民約15万分の2

今私も主人も元気
(元気だからといってかかっていない保証はもちろんない)

これで動かないとかいったら
どこにも行けないし仕事もできない

いろんな数字がでまわって
私たちは本当の姿を

ちゃんととらえられているのかな

正しく恐れろっていうけど
何が基準ならただしいのかな

医療関係者の人たちは
それは医療の観点から

いろいろ意見をいうのは当たり前でしょう
感染者は増えないほうがいいにきまっているし

すべてに右にならえの
国民性は良くも悪くも働く

ここでもこの国は
空気やなんとなくの雰囲気が


全体を覆って
読めないほうが悪いの論理

国の方針を決めるのは
だれですか?

国がきめないなら
もうそれは

個人の判断しかなくないですか

それならばせめて

正しい数字
いろんな数字
解析も分析も勝手にするから

早くて正確な正しい数字だけ
ちゃんと出してくれ!


なんでそんなに怒ってるの~?

その数字を把握して
自己責任で行動するよ

それが困るなら
ちゃんと責任もって
導いてくれ

といいたい。



つまり、久しぶりに会えると思って
楽しみにしてたのに
ばぁちゃん めちゃくちゃ

かなしいよ~~~~~~~~!!

こどもかっ!

ってお話でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。